2014年07月30日

Oculus Rift DK2 到着

OculurRiftDK2.jpg
3/21に注文して、やっとこさ届いた。日本人の中ではほぼ最速組ではある。

届いて早速セットアップ。Development Kitの割にはしっかりとした梱包だった。
ハード的なセットアップは付属のスタートアップガイドを参照、ソフト的なセットアップは『楽しく使うOculus Rif DK2』を見て概ね問題なくできた。

ちょっと迷ったのは、初期設定だとWin側からディスプレイとして認識されないこと。これは正常な挙動なんだけど、最初、接続してもモニタ一覧に出てこなくて認識されてないのかと不安になった。

セットアップ後、付属の別荘デモ(孤島の中の別荘地を歩ける)をやってみたけど、やっぱ視界全体が覆われるってのは別次元の体験だね。HMZ-T1を買った時に期待していたことが、Oculusでこそ実現したと言っていい。

ただ、デモの中を歩きまわって改めて感じたのは、真にVRを実現するには視界だけじゃなくて直感的に身体操作を反映するデバイスが必要だってこと。
というのも、視界は首の動きに追従して変えられるんだけど、ゲーム内の体を移動させたり体の向きを変えるには結局マウス&キーボード(もしくはパッド)が必要なんだよね。HMDをつけながらだと手元もよく見えないし、それらのデバイスが切望される。

その辺は他の人も実感があるようで、こんなのが作られてたりもする。

いずれデファクトスタンダード的な製品も出るでしょう。

最後にVR内での3D酔いはというと、

・首を動かして視界を変える→酔わない
・マウスで体の向きを変える→酔う
・キーボード(WASD)で移動する→酔う

こんな感じ。身体感覚と連動しない動きが酔いにつながるようだ。



ラベル:Oculus Rift
posted by BB at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

もうダメ、猫のゲーム

意外と印章の集まりが良かったので、比武宝貝を厳選しようとしたら3番が7連続遮断OPを引いて諦めた。
ほぼ1セット分ハズレ引いてるじゃないか・・・。

そんな中、ときどき比武に行くんだけど、マジでタイトルの言葉を呟きたくなる。
未だゴールドから上がれない雑魚なんだけど、それでも召喚率高い。雑魚レートなので、負けが混むと他職率が高まるのが救いか。

召喚・魔と戦うのはホントつまらん。こっちは追いついて回り込まないといけないのに、相手は攻撃垂れ流してればいいだけ。
猫が昏倒したら猫と重なれば良いってのも広まってるようで、こっちだけタゲ気にしないといけないのも理不尽感がある。

二つ目に入った門派も全く人がいなくなってるし、そろそろ辞め時かなぁ。

posted by BB at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | BnS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。