2016年04月20日

ドスパラ Muvluv×HTC Vive体験会

Viveも触ってみたくなったので、空いてそうな平日にドスパラ秋葉原本店に行ってきた。

201604_ドスパラ_Muvluv×HTC-Vive体験会_s.jpg

開店時間の11:15に行くと既に前に5人ほど並んでいて、ちょうど整理券を配っている状況だった。
もらった整理券の時間を見ると、2時間ぐらい後。
自分より後ろの人はいなかったので、平日なら2時ぐらいに行けばすぐ触れるかもしれない。

適当に時間潰して2時間後、デモ開始。
スタッフのお姉さんから以下の物を順に渡されて装着。

1. Vive本体(HMD)
2. ヘッドホン
3. 左右のハンドコントローラ

ここから説明を受けながらデモを進めていった。
デモ中はスタッフがケーブル係をやってくれる。

○Stage1
ルームスケールとハンドコントローラの操作説明。
動き回れる範囲は格子状に示されている。
コントローラは右が銃。トリガーを引くと発砲する。弾は無限でリロードは無し。
左がワープ移動に使用する。画面上に表示されたマーカーに照準を合わせてトリガーを引いて離すとその地点にワープする。
コントローラの説明後、扉を銃で撃つと外に出ることができる。

○Stage2
戦車級が四方から迫ってくるので、フィールド内をワープ移動しながら頭を銃で撃って倒す。
多分倒さなくても自分が食べられることは無いと思われる。

○Stage3
一定時間後、塹壕のシーンになる。その際、銃がジャムって撃てなくなっている、
そこにBETAの大軍が迫ってくるが、2機の戦術機が飛んできて一掃してデモ終了。

最初から最後まで5分くらい。
DK2でVR自体への目新しさが無い自分としてはこんなもんか、という感想だった。CGもしょぼかったし。

ただ、Viveについては結構良いなと思った。
限られた時間しか触れなかったので粗が見えていないだけ、というのはあると思うが以下の通り。

[Viveの良い点]
・DK2より画質は上、映像の網目感は感じなかった
・HMD自体の重さは特に気にならなかった
・ハンドコントローラは銃として使う分には違和感なく使える
・ルームスケールのおかげでトラッキング範囲が広い
・ルームスケールの範囲が格子状に表示されていて分かりやすい

[Viveの悪い点]
・自由に動きまわるためにはケーブル係が必要

この時はコンタクトだったので、メガネ使用時にどうなのかは分からなかった。

ラベル:VR vive
posted by BB at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

(PS4) The last of us 感想

こういうゲームは3D酔いするから苦手なんだけど、某所で神ゲー言われてたんで買ってみた。
酔い止め飲んでないとすぐ頭痛くなるんで、2月頃からちょびちょび進めてようやく本編とDLCをクリアした。DLCは短いから一日で終わったけどね。
以下、ネタバレあり感想。

[ゲームシステム]
ゼルダ的なパズル要素とステルスアクション。進行は一本道だけど、場面ごとの攻略方法の自由度は高い。
俺はEasy特有の物資量でゴリ押しちゃったけど、クリア後にプレイ動画を見ているとこんなことできたんだと思うことが多かった。
(ビンを敵に投げてひるませればワンパンできるなんて気づかなかったw)

色々攻略法を知った上でDLCをNormalで進めたらこっちはあっさりクリアできた。


[グラフィック&BGM]
あまり廃墟は好きではないが、それでも精緻なグラフィックには驚かされた。もう日本産ゲームは完全に周回遅れだなと。
BGMも内容に合っていて素晴らしかった。


[日本語吹き替え]
主役の二人はもちろん、合っていない配役が一切無かった。
ダジャレ系ジョークとかで若干意味不明な部分はあったものの、セリフの翻訳にも違和感は無かった。


[ストーリー]
ストーリーが良いと聞いてたんで一番期待していた部分。
一本の洋画を見ているようで完成度は高いと思ったが、個人的にあまり感情が動かなかった。

ジョエルは娘サラの代替としてエリーを見るようになって、最後ああいう選択をするというのは話としては分かるんだけど、あの場面で選択肢があったら自分はエリーを見殺しにしてた。
ずっとワクチンを作るために旅をしてきたというこれまでの流れもあるけど、何よりエリーは覚悟を決めていたと思うから。パートナーなら相手の意思を全うさせてやるべきだと思うから。

そしてエリー奪還後にジョエルはバレバレの嘘をついて、ラストシーンの「誓うよ」で二人の関係も終わった。
だから「The last of us」なんだ。というビターエンドなんだけど・・・すっきりしねぇw

書いててFateのセイバールートのエンディングを思い出した。こちらもブリテンは助からない上に二人は別れるバッドエンドだけど、士郎はセイバーの意思を全うさせて送り出した。
こっちの方が自分的には100倍スッキリしたかな、と。
人間はそんなに綺麗じゃない、ジョエルのエゴが描かれているから深みがあるんだ、という意見は理解しつつも賛同はしません。

DLCの方は補足シナリオなんで特に言う事はないです。感染者とハンターをぶつけられるのは面白かった。

ラベル:PS4 The Last of Us
posted by BB at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

PC向けVR-HMD 2016

Oculus Rift CV1を予約してるんだけど、最近のOculus社の対応がクソすぎてこのままこいつらと付き合って良いものか疑問に思えてきた。

×日本向け価格は為替レート140円の超割高設定
×出荷予定日当日になって発送遅延を発表(補償として送料無料)
×XBOXコントローラの無線アダプタが日本向けには付属しない事を着荷して騒ぎになるまでダンマリ
×無線アダプタの技適を通さなかったのはMicrosoftのせいでOculus社の責任ではないと言い訳、補償もしない

どうせ箱コンはTouch来るまでのつなぎだからどうでもいいっちゃいいんだけど、予約時のページには「with dongle」と書いてあったんだから付属しないのは詐欺では・・・?

すぐ転売すれば元値以上になりそうだからRiftの予約キャンセルはしないけど、移行を見据えてViveも予約しておくか悩むところだ。
流石にPC向けHMDは2個はいらんし・・・。


【現状、出てきている情報の比較】
[Oculus Rift CV1]
アプリプラットフォームはOculus Store、Steam
HMD本体重量が第1世代では最も軽い
ハンドデバイスのTouchの完成度が高そう
×ハンドデバイスが別売り。発売日も未定
×メガネとの同時利用が難しい
×悪いニュースを後出しするメーカーの姿勢


[HTC Vive]
アプリプラットフォームはSteam
ルームスケールでトラッキング範囲が広い
メガネとの同時利用がしやすい(ちょうどはまる枠がある)
ハンドデバイスが最初から付属する
クレカキャンセル問題が起こったが、公式で認め対応すると表明
×HMD本体重量が若干重い
×ハンドデバイスが棒

ラベル:Oculus VR
posted by BB at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。