2017年06月11日

v6プラス導入(NVR510)

少し前から夜中のネット遅いなぁと思って計測したら5Mbpsくらいしか出てなかったので、v6プラスを導入してみた。

v6プラス サービス紹介(JPNE)

CLIを使うようなルータでの設定例が見当たらなかったので、参考として記述してみる。
なお、v6プラスは利用できるポートに制限がありネトゲ向きでないので、今回は通常のPPPoE接続によるIPv4通信も併用できるようにする。

【構築環境】
[回線]
フレッツ光ネクスト ひかり電話なし(IPv6 IPoE RA)

[ISP]
BIGLOBE (フレッツ光 IPv6接続:有効)

[ルータ]
ギガアクセスVoIPルーター NVR510 -
ギガアクセスVoIPルーター NVR510 -


【NVR510のコンフィグ】
# IPv4 PPPoE, IPv6 IPoE, v6プラス(MAP-E)の3つの経路を送信元IPアドレスで使い分ける
# NVR510がNATの使用ポート範囲を4つまでしか指定できないため、60個までのポートしか使えない制限がある
# v6プラスと関係しない部分は省略

ip route default gateway pp 1 filter 1001 gateway tunnel 1 filter 1011

ip filter 1001 pass [任意のLAN側IPv4アドレス範囲@] * * * *
ip filter 1011 pass [任意のLAN側IPv4アドレス範囲A] * * * *

ipv6 routing on
ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64

description lan1 LAN
ip lan1 address [LAN側IPv4アドレス]/[マスク]
ipv6 lan1 address ra-prefix@lan2::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1 o_flag=on
ipv6 lan1 dhcp service server

description lan2 WAN
ipv6 lan2 address [CE IPv6アドレス]/64
ipv6 lan2 secure filter in [任意のIPv6フィルター番号@]
ipv6 lan2 secure filter out [任意のIPv6フィルター番号A]
ipv6 lan2 dhcp service client ir=on

pp select 1
description pp IPv4_PPPoE
pp keepalive interval 30 retry-interval=30 count=12
pp always-on on
pppoe use lan2
pppoe auto disconnect off
pp auth accept pap chap
pp auth myname [PPPoE ID] [PPPoEパスワード]
ppp lcp mru on 1454
ppp ipcp ipaddress on
ppp ccp type none
ip pp secure filter in [任意のIPv4フィルター番号@]
ip pp secure filter out [任意のIPv4フィルター番号A]
ip pp nat descriptor 1000
pp enable 1

tunnel select 1
description tunnel MAP-E
tunnel encapsulation ipip
tunnel endpoint address [CE IPv6アドレス] [BR IPv6アドレス]
ip tunnel secure filter in [任意のIPv4フィルター番号B]
ip tunnel secure filter out [任意のIPv4フィルター番号C]
ip tunnel nat descriptor 1100
ip tunnel tcp mss limit auto
tunnel enable 1

nat descriptor type 1100 masquerade
nat descriptor address outer 1100 [MAP-E IPv4アドレス]
nat descriptor address inner 1100 auto
nat descriptor masquerade port range 1100 [MAP-Eポート@] [MAP-EポートA] [MAP-EポートB] [MAP-EポートC]

nat descriptor type 1000 masquerade
nat descriptor address outer 1000 ipcp
nat descriptor address inner 1000 auto
nat descriptor masquerade incoming 1000 reject

dhcp service server
dns server [IPv6 DNSサーバ@] [IPv6 DNSサーバA] [IPv4 DNSサーバ@] [IPv4 DNSサーバA]
dns server select 500000 [IPv6 DNSサーバ@] [IPv6 DNSサーバA] aaaa .
dns server select 500001 [IPv4 DNSサーバ@] [IPv4 DNSサーバA] any . restrict pp 1


【コンフィグ内の変数について】
「任意の」とついている変数は個々人の考えで自由に設定すること。
IPv6 DNSサーバは自動取得することもできるけど、NGN網内でしか通用しないDNSサーバアドレスが落ちてきたので、自分で指定した。

問題は

[CE IPv6アドレス]
[BR IPv6アドレス]
[MAP-E IPv4アドレス]
[MAP-Eポート@〜C]

の4つで、市販のv6プラス対応ルータ(Buffalo等)は自動で計算してくれるが、現時点ではNVR510が正式対応していないので自力で算出しなければならない。
算出方法は次回。

ラベル:NVR510 V6プラス
posted by BB at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。