2017年06月18日

v6プラスのIPアドレス&ポートの計算方法

【各アドレスの解説】
[CE IPv6アドレス]
v6プラス内で用いるユーザ側ルータのIPv6アドレス。
IPv4 over IPv6トンネルのユーザ側の端点となる。
通常、網側からはRAやDHCPv6でIPv6アドレスを取得するがそれとは別で、後述の計算によって導かれる。

[BR IPv6アドレス]
v6プラス内で用いられる事業者側ルータのIPv6アドレス。
IPv4 over IPv6トンネルの事業者側の端点となる。
JPNEの場合は『 2404:9200:225:100::64 』らしい。

[MAP-E IPv4アドレス]
v6プラス内で用いるユーザ側ルータのIPv4アドレス。
IPv4 over IPv6トンネルの中で使用される。
後述の計算によって導かれる。

[MAP-Eポート]
v6プラス内で各ユーザが使用することができるポート。
後述の計算によって導かれる。


続きを読む
ラベル:V6プラス
posted by BB at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

v6プラス導入(NVR510)

少し前から夜中のネット遅いなぁと思って計測したら5Mbpsくらいしか出てなかったので、v6プラスを導入してみた。

v6プラス サービス紹介(JPNE)

CLIを使うようなルータでの設定例が見当たらなかったので、参考として記述してみる。
なお、v6プラスは利用できるポートに制限がありネトゲ向きでないので、今回は通常のPPPoE接続によるIPv4通信も併用できるようにする。

【構築環境】
[回線]
フレッツ光ネクスト ひかり電話なし(IPv6 IPoE RA)

[ISP]
BIGLOBE (フレッツ光 IPv6接続:有効)

[ルータ]
ギガアクセスVoIPルーター NVR510 -
ギガアクセスVoIPルーター NVR510 -


続きを読む
ラベル:NVR510 V6プラス
posted by BB at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

PC更改後ベンチ

GTX770が米尼から届いたのでGTX570から付け替え。
更改前からだとこういう変化になる。

○Before
【CPU】Core i7 2600 3.4Ghz(OCで4.0GHz)
【M/B】ASUS P8Z68-V PRO
【Memory】8GB
【VGA】Gainward Geforce 570 Phantom
【SSD】Crucial m4 128GB
【Case】Antec P180


○After
【CPU】Core i7 4770K 3.5Ghz(OCで4.0GHz)
【M/B】ASRock Z87 Extreme6
【Memory】16GB
【VGA】GV-N770OC-2GD (GTX770 2GB)
【SSD1】Crucial m4 128GB
【SSD2】Plextor PX-256M5S
【Case】Corsair 550D

これで全パーツが揃って組み替え完了したので、ベンチを測ってみた。


◆CINEBENCH 11.5
○Before
【OpenGL】80.64 fps
【CPU】8.69
【CPU(シングルコア)】1.79

○After
【OpenGL】72.85 fps
【CPU】7.44
【CPU(シングルコア)】1.58


◆FF14 ARRベンチ(1920*1080 最高設定)
○Before 5512 (45.115 fps)
○After 8470 (72.534 fps)


◆消費電力(ワットチェッカー)
○Before
【アイドル】173 W
【負荷時】262 W

○After
【アイドル】80 W
【負荷時】303 W


◆騒音(iOSアプリ Decibel Ultraにより測定)
○Before
【アイドル】47 db
【負荷時】55 db

○After
【アイドル】47 db
【負荷時】49 db


全体的に順当に性能が伸びている。
びっくりするような所は無いが、CPUは同じクロックでも性能向上していて、VGAもそれなりの伸び。
2世代挟んだことを考えるとイマイチな感じもするが、最近は大幅な性能向上が無いから仕方ないね。

消費電力はアイドル時は落ちて、負荷時は増えていた。CPUとVGAが寝ているとぐっと消費電力を落とすようだ。この辺はBIOS、Windowsの設定でも変わってきそう。

今回一番嬉しかったのは騒音が著しく減ったところ、数値上は大したことが無いようだが、『フオオーン』から『スゥ〜』ぐらい変わった。前はゲームしててかなりうるさかった。
温度的にも80度張り付きから上限65度くらいに変化していた。高温にならないため、ファンが100%回転しないようだ。
Gigaのオリジナル3連ファンはかなり効いている。後はケース内で裏配線できるようになってエアフローが向上したことがそれに貢献しているのかもしれない。

posted by BB at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

GTX 770購入

もっと先のことかなと思っていた米Amazonの在庫が復活していたため、GigabyteのGTX770である、GV-N770OC-2GDを購入した。

売値は410ドルで、関税+郵送料+早く着くオプションで日本円で47000円くらい。間に転送業者を挟まずとも買えた。

これでひと通りアップデートできるな。

posted by BB at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

メインPC更改

巷でスルー推奨と評判のHaswellでPCをアップデートした。
今回はケースの変更があったから、物理的な組み替えだけで6時間くらいかかった。

◆Before
【CPU】Core i7 2600 3.4Ghz
【M/B】ASUS P8Z68-V PRO
【Memory】8GB
【VGA】Gainward Geforce 570 Phantom
【SSD】Crucial m4 128GB
【Case】Antec P180

◆After
【CPU】Core i7 4770K 3.5Ghz
【M/B】ASRock Z87 Extreme6
【Memory】16GB
【VGA】Gainward Geforce 570 Phantom
【SSD1】Crucial m4 128GB
【SSD2】Plextor PX-256M5S
【Case】Corsair 550D


VGAもGTX770あたりを買おうかとも思ったんだけど、

日本:55000円
米Amazon:410ドル(約41000円) ※ただし在庫切れ

というような日本代理店のぼったくりっぷりを見てスルーした。
VGA性能が欲しくなったら米尼の在庫復活を待って買うことにする。VGA交換はそんなに苦労しないしね。

この日はとりあえずOS入れていくつかアプリを入れて終了。
後日ベンチを取ってみるけど、Before-Afterであまり変わらなさそうだ。

posted by BB at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

続・PCモニタ買い替え考

ASUS VG278HE レビュー(4Gamer)

>遅延関連で問い合わせたところ,ASUSからは
>「100・120・144Hzならハードウェアレベルで対応しているため,
> ゲームで利用する場合は100Hz以上で使ってほしい」
>というメッセージが得られたので,VG278HEは,
>ゲーム用途で60Hz設定してはいけないディスプレイということになりそうである。

これを見て、VG278HEを買う気は無くなった。
XL2411Tはよ。応答速度1msの違い以外はXL2420Tの方が上だし、そっちでも良いっちゃ良いんだけどね。

posted by BB at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月12日

PCモニタ買い替え案(2012)

現在の環境はデュアルディスプレイで、

1. 三菱 MDT241WG(1920×1200 24インチ VA 60Hz ノングレア)
2. HYUNDAI W241DG(1920×1200 24インチ IPS 60Hz グレア)

という状況。
MDT241WGは5年前に買って以来(当時は10万もした!)、特に不満なくずっと使っている。
しかしそろそろ買い換えたい気持ちもあり、今のPCディスプレイ市場を調べてみた。

調査の結果、見えてきたステップアップの方向性は、

A. リフレッシュレートを120Hzに向上(PCゲー向け)
B. 高画質・高解像度(広範な用途)

といったところ。
できればA&Bを両立させたいけど、”120Hz IPS WUXGA以上”なんて製品は出ていないから取捨選択せざるを得ない。
ということであれば120Hz環境かな・・・? 巷で言われるヌルヌル感を感じてみたい。
その必要性があるゲームはやってないんだけどな!


ともかくさらに調べて、リフレッシュレート120Hz以上の製品のうち、購入候補を以下の二つまで絞った。

1. BenQ XL2411T
 ・24インチ
 ・120Hz
 ・フルHD(1920×1080)
 ・TN
 ・未発売(12月頃出る?)

2. ASUS VG278HE
 ・27インチ
 ・144Hz
 ・フルHD(1920×1080)
 ・TN


かたや現在の鉄板120Hzモニタ、BenQ XL2420Tの次モデル(というか廉価版か)、かたやオンリーワンの144Hz。
MDT241WGをセカンダリにまわそうと思ってるので、並べた時のサイズの兼ね合いからXL2411Tに気持ちは傾きつつある。さらにVG278HEよりは安いだろうから、将来の120Hz&IPSor有機ELモニタの発売時に気軽に乗り換えられるというのもある。

ただまぁXL2411Tについては発売日も決まってないし、VG278HEのレビューを眺めつつしばらくは静観することになりそうだ。

posted by BB at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

フリーズ解消

ログインする時にフリーズする現象が、5分以上停止したままになる等、深刻化してきたのでOSを再インストールしてみた。

フリーズが始まったタイミング的に、SP1が適用される前に当たったWindows updateパッチのいずれかが原因かなーと思ったので、インストール前にSP1統合ディスクを作成。

そして再インストール・・・OS以外はドライバ等全く同じものを適用した。

うむ、全くフリーズしない。

あっさり解決。結局具体的な原因はよく分からないものの、対応としては正解だったようだ。
次からは面倒でも統合ディスクを作ってからOSインストールしよう。

posted by BB at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

PC組み直し

やっとZ68マザーが出たぞー!ってことでPC組み直し。

◆パーツ構成
○Before
【CPU】 Intel Core i7 920 (2.6GHz)
【M/B】 ASUS P6T
【メモリ】 Consair TR3X6G1333C9 (DDR3 PC3-10600 2GB 3枚組)× 2で合計12GB
【VGA】 Leadtek WinFast GTX 260 EXTREME+(PCIExp 896MB)
【サウンド】 Creative Sound Blaster X-Fi Xtreme Gamer SB-XFI-XG
【SSD】 Intel X25-M (80GB)
【HDD】 HGST HDP725050GLA360 (500G SATA300 7200)
【HDD】 WesternDigital WD10AECS (1TB) を2台でRAID0
【電源】 Corsair CMPSU-850HX
【OS】 Win7 64bit


○After
【CPU】 Intel Core i7 2600 (3.4GHz)
【M/B】 ASUS P8Z68-V Pro
【メモリ】 Consair TR3X6G1333C9 (DDR3 PC3-10600 2GB 3枚組)×2の内4枚使用で合計8GB
【VGA】 玄人志向 RH6950-E1GHW/DP (PCIExp 1GB)
【サウンド】 RAL-24192UT1
【SSD】 Crucial m4 128GB
【HDD】 HGST HDP725050GLA360 (500G SATA300 7200)
【HDD】 WesternDigital WD10AECS (1TB) を2台でRAID0
【電源】 Corsair CMPSU-850HX
【OS】 Win7 64bit

この他にもCPUクーラー流用の為の金具など、細々としたものを買って総計16万円ぐらい。
意外と費用がかかった。
ついでの脱PCIで買ったUSB-DACがなー。つい前より良い音を、と思ったら値段が跳ね上がった。

続きを読む
ラベル:自作PC
posted by BB at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

HD画質のゲームをPCで録画

今のところは必要性を感じてないけど、前々から興味はあったので調べてみた。

◆アナログ D端子
[キャプチャボード]

MonsterX-i

MonsterX-i

  • 出版社/メーカー: SKNET
  • メディア:



最初はこれかなーと思っていたが、調べてみると64bit OSは非対応。一応、有志64bitドライバは存在するものの、ソフトが対応していないので×。
64bit OSでも、メモリ4G以下にして同ドライバを使えばいけるらしいが・・・それなら64bit OSを使う意味がないでしょw

というわけで第2候補。

Blackmagic Design INTENSITY Pro

Blackmagic Design INTENSITY Pro

  • 出版社/メーカー: Blackmagic Design
  • メディア: エレクトロニクス



MonsterX-iに比べちょっと値が張るが、こちらは64bit OSにも対応している。加えてHDMI入力も受け付けている。


[D端子分配機]
キャプチャボードからの映像は遅延がある為、分配機でTVとキャプチャボードの2出力に分ける。


SONY SB-RX300D AVセレクター D端子対応

SONY SB-RX300D AVセレクター D端子対応

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



他にも候補はあれど、今のところは↑が鉄板か。


Intensity Proを買うんだったら、別にD端子からの録画でなくても良くね?
ラベル:PS3 Xbox360
posted by BB at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

logiのサポート

昨年の1月にG9を購入して以来、ずっとこれを愛用してます。しかし一年も使ってると、グリップがボロボロになってしまった。

別売りされる様子もないのでlogicoolサポートセンターにメールしたところ、「保証書をFAXで送るか、メールに画像を添付して送ってください」とのこと。

その通りにメールを送って数日、新品のグリップが届きました。

G9グリップ.jpg

久しぶりの良い手触り!
posted by BB at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | PC・ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

マイク入力の問題

かなーり前からなんだけど、マイク入力がおかしい。

音量マックスでもほとんど声が聞き取れず、マイクブーストをかけてようやくまともに聞こえる音量になる。しかしブーストをかけたらかけたで、サーッというノイズが乗ってしまう。
マイクが原因かと思って変えてもみたけど、全く同じ状態。サウンドカードが一番怪しい気が…。VC含めてゲームでは鉄板カードのはずなんだけどなぁ。

ttp://fe0.blog111.fc2.com/blog-entry-137.html
上のURLの人と全く同じ症状・同じカード。俺もUSBヘッドセットに変えようかねー。


○サウンドカード
Sound Blaster X-Fi Digital Audio
Sound Blaster X-Fi Xtreme Gamer

○ヘッドセット
PLANTRONICS Audioシリーズの4kぐらいのやつ。
posted by BB at 02:00| Comment(1) | TrackBack(0) | PC・ハードウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。