2016年10月15日

PSVR発売

ようやくCS大手プラットホームでもVR製品が出た。早速受け取りに行ってきたよ。
巷では入手困難になっているが、俺は第1回予約の時にビックカメラ抽選で参加者全員当選だったから全く苦労してない。

受け取り時に一緒に買ってきたのはPlayStation MoveとRIGS(ロボゲー)。
PlayStation Move モーションコントローラー -
PlayStation Move モーションコントローラー -

【PS4】RIGS Machine Combat League(VR専用) -
【PS4】RIGS Machine Combat League(VR専用) -

Move2本使うソフトもあるようだが、とりあえず1本だけで良いかなと。
Moveもネットでは品切れだが、実店鋪では普通に置いてあった。

持って帰って早速セッティング。結構ケーブルが多いが、番号タグがついててマニュアルも分かりやすいのでこういうのが苦手な人でもなんとかなると思う。

で早速RIGSをプレイしてみたが、チュートリアルで速攻酔った。ゲーム自体はよく出来てると思うんだけど、プレイ自体がつらいので一旦中断。いつか慣れることを願おう・・・。

その後、DL専売のサマーレッスンを買ってプレイ。こちらは動く要素が無いので酔わずにプレイできた。しかしJKの部屋にいきなり知らない男が待ってるのはホラーだなw
ひとまず1周して終了。1週間でエンディングで、周回していく内容のようだ。2500円程度だしあまりボリュームは無い感じ。


ここでPSVRとViveの比較をすると、画質はどっこいどっこいでPSVRの方が網目感が少ないくらい。Viveはフレネルレンズの縞があるのが欠点。
装着感はPSVRの勝利。重量が頭全体にかかるので前面編重ぎみのViveより良い。
トラッキング精度はViveの圧勝。同じカメラ方式のOsulucと比較してもPSVRは劣ってると思う。
PSVRは追従性の悪さもさることながら、少し動くとすぐ「プレイエリアの外です」って出てくるのがウザい。座位しか想定していないんですと言われればそれまでだが、第2世代の時はルームスケール方式が標準になって欲しいところ。あとハンドコントローラが無いのも痛い。

悪いことも書いたが、5万という値段を考えればPSVRの出来は決して悪くない。PSVRにはぜひ成功してもらって、VRコンテンツが充実することを望む。
ちなみにVR第1世代でPSVR, Oculus, Viveのどれか一つを選べと言われたらViveを選びます。

ラベル:PsVR
posted by BB at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

HTC Vive到着&設置

Oculus Riftと並ぶVR機器の雄、HTC Viveが到着した。
4/25注文で5/26着。1ヶ月で着荷した事になる。決して早くはないが、1/7注文のRift CV1が未だに到着してないことを考えると爆速に感じるw

設置のための物品を色々注文して、いざ取り付け。
最大の問題はベースステーション2個の設置。自分の場合、片側はメタルラックの上で良いとして、もう片側が何も無い場所だったので一計を案じた。

結果としてこんな感じになった。
HTC-Vive_BaseStation_02_s[1].jpg

使った物品はこれ。
壁美人シェルティシリーズ 壁掛け 棚 コーナーシェルフ ホッチキス 壁 フック 壁掛け 棚 壁美人 ホッチキス 棚 壁 フック 壁掛け 棚 壁美人 ホッチキス 棚 ウォールシェルフ 10P27May16 - 壁掛けショップ
壁美人コーナーシェルフ

Velbon 卓上三脚 レバー式 EX-miniS 2段 小型 2Way雲台付 アルミ製 301840 -
Velbon 卓上三脚 レバー式 EX-miniS 2段 2Way雲台付

Vive同梱品で壁取付金具があるが、賃貸なので壁を大きく損傷する手段は取れなかった。なので、取付跡が目立たないホッチキス取付の棚を購入してみた。
これが想定通り働いてくれて、適切な高さに安定して取り付けることができた。
他にはライトスタンド案も考えたが、一度取り付けたらまず動かさないし、下のスペースを食わない今の方法の方が良いと判断した。

他にはこんなのも買った。
kowa ソフトタイプ 延長コード 15A・10m 3ツ口 クロ KM05-10 日本製 -
kowa ソフトタイプ 延長コード 15A・10m

JOBY ミニ三脚 ゴリラポッド ハイブリッド ブラック/グレー 010744 -
JOBY ミニ三脚 ゴリラポッド ハイブリッド

こちらは前述のメタルラック取付用で、支柱にからませて設置できるのでこれまた省スペースで設置できた。


物理的な設置が終わってしまえば後は簡単で、Steamを起動して、Steam VRのアイコンをクリック、案内にしたがってセットアップを進めるだけだった。
手順としてはMogura VR - HTC Vive製品版の初期セットアップ方法に記載されている内容と同様。
日本語化もされてるし、特に迷う所は無かった。

この後、実際にHMDをかぶってのチュートリアルが始まるのだけど、その時点で感動してしまった。
VR内でのハンドデバイスの追従性が特に素晴らしく、VR用コントローラ第1弾でこのレベルで出してくるのはたいしたものだ。

ラベル:VR vive
posted by BB at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

ドスパラ Muvluv×HTC Vive体験会

Viveも触ってみたくなったので、空いてそうな平日にドスパラ秋葉原本店に行ってきた。

201604_ドスパラ_Muvluv×HTC-Vive体験会_s.jpg

開店時間の11:15に行くと既に前に5人ほど並んでいて、ちょうど整理券を配っている状況だった。
もらった整理券の時間を見ると、2時間ぐらい後。
自分より後ろの人はいなかったので、平日なら2時ぐらいに行けばすぐ触れるかもしれない。

適当に時間潰して2時間後、デモ開始。
スタッフのお姉さんから以下の物を順に渡されて装着。

1. Vive本体(HMD)
2. ヘッドホン
3. 左右のハンドコントローラ

ここから説明を受けながらデモを進めていった。
デモ中はスタッフがケーブル係をやってくれる。

○Stage1
ルームスケールとハンドコントローラの操作説明。
動き回れる範囲は格子状に示されている。
コントローラは右が銃。トリガーを引くと発砲する。弾は無限でリロードは無し。
左がワープ移動に使用する。画面上に表示されたマーカーに照準を合わせてトリガーを引いて離すとその地点にワープする。
コントローラの説明後、扉を銃で撃つと外に出ることができる。

○Stage2
戦車級が四方から迫ってくるので、フィールド内をワープ移動しながら頭を銃で撃って倒す。
多分倒さなくても自分が食べられることは無いと思われる。

○Stage3
一定時間後、塹壕のシーンになる。その際、銃がジャムって撃てなくなっている、
そこにBETAの大軍が迫ってくるが、2機の戦術機が飛んできて一掃してデモ終了。

最初から最後まで5分くらい。
DK2でVR自体への目新しさが無い自分としてはこんなもんか、という感想だった。CGもしょぼかったし。

ただ、Viveについては結構良いなと思った。
限られた時間しか触れなかったので粗が見えていないだけ、というのはあると思うが以下の通り。

[Viveの良い点]
・DK2より画質は上、映像の網目感は感じなかった
・HMD自体の重さは特に気にならなかった
・ハンドコントローラは銃として使う分には違和感なく使える
・ルームスケールのおかげでトラッキング範囲が広い
・ルームスケールの範囲が格子状に表示されていて分かりやすい

[Viveの悪い点]
・自由に動きまわるためにはケーブル係が必要

この時はコンタクトだったので、メガネ使用時にどうなのかは分からなかった。

ラベル:VR vive
posted by BB at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

PC向けVR-HMD 2016

Oculus Rift CV1を予約してるんだけど、最近のOculus社の対応がクソすぎてこのままこいつらと付き合って良いものか疑問に思えてきた。

×日本向け価格は為替レート140円の超割高設定
×出荷予定日当日になって発送遅延を発表(補償として送料無料)
×XBOXコントローラの無線アダプタが日本向けには付属しない事を着荷して騒ぎになるまでダンマリ
×無線アダプタの技適を通さなかったのはMicrosoftのせいでOculus社の責任ではないと言い訳、補償もしない

どうせ箱コンはTouch来るまでのつなぎだからどうでもいいっちゃいいんだけど、予約時のページには「with dongle」と書いてあったんだから付属しないのは詐欺では・・・?

すぐ転売すれば元値以上になりそうだからRiftの予約キャンセルはしないけど、移行を見据えてViveも予約しておくか悩むところだ。
流石にPC向けHMDは2個はいらんし・・・。


【現状、出てきている情報の比較】
[Oculus Rift CV1]
アプリプラットフォームはOculus Store、Steam
HMD本体重量が第1世代では最も軽い
ハンドデバイスのTouchの完成度が高そう
×ハンドデバイスが別売り。発売日も未定
×メガネとの同時利用が難しい
×悪いニュースを後出しするメーカーの姿勢


[HTC Vive]
アプリプラットフォームはSteam
ルームスケールでトラッキング範囲が広い
メガネとの同時利用がしやすい(ちょうどはまる枠がある)
ハンドデバイスが最初から付属する
クレカキャンセル問題が起こったが、公式で認め対応すると表明
×HMD本体重量が若干重い
×ハンドデバイスが棒

ラベル:Oculus VR
posted by BB at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

Oculus Rift DK2 到着

OculurRiftDK2.jpg
3/21に注文して、やっとこさ届いた。日本人の中ではほぼ最速組ではある。

届いて早速セットアップ。Development Kitの割にはしっかりとした梱包だった。
ハード的なセットアップは付属のスタートアップガイドを参照、ソフト的なセットアップは『楽しく使うOculus Rif DK2』を見て概ね問題なくできた。

ちょっと迷ったのは、初期設定だとWin側からディスプレイとして認識されないこと。これは正常な挙動なんだけど、最初、接続してもモニタ一覧に出てこなくて認識されてないのかと不安になった。

セットアップ後、付属の別荘デモ(孤島の中の別荘地を歩ける)をやってみたけど、やっぱ視界全体が覆われるってのは別次元の体験だね。HMZ-T1を買った時に期待していたことが、Oculusでこそ実現したと言っていい。

ただ、デモの中を歩きまわって改めて感じたのは、真にVRを実現するには視界だけじゃなくて直感的に身体操作を反映するデバイスが必要だってこと。
というのも、視界は首の動きに追従して変えられるんだけど、ゲーム内の体を移動させたり体の向きを変えるには結局マウス&キーボード(もしくはパッド)が必要なんだよね。HMDをつけながらだと手元もよく見えないし、それらのデバイスが切望される。

その辺は他の人も実感があるようで、こんなのが作られてたりもする。

いずれデファクトスタンダード的な製品も出るでしょう。

最後にVR内での3D酔いはというと、

・首を動かして視界を変える→酔わない
・マウスで体の向きを変える→酔う
・キーボード(WASD)で移動する→酔う

こんな感じ。身体感覚と連動しない動きが酔いにつながるようだ。

ラベル:Oculus Rift
posted by BB at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | VR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月20日

仮想現実対応HMD

GDCで二つの仮想現実対応HMDが発表されたようだ。

【GDC 2014】VRの本命「Oculus Rift」が大幅グレードアップ中!
[GDC 2014]SCEの「Project Morpheus」とはいったい何か。西川善司が“仮想現実対応HMD”の正体を探る

発表と同時にOculus Rift DK2が予約開始されていたので、即予約しました。もともとDK1は我慢して、次を買うつもりだったので。

当面はOculusがPC用、MorpheusはPS4用といった感じになりそう。どちらが良いというより、切磋琢磨してVR界を盛り上げて欲しい。SONYはいつものごとく、独自規格をやりそうだけどw

まだまだ遠い未来だろうけど、VR-MMO-RPGはゲーマーの夢だよなぁ。

ラベル:Oculus Rift
posted by BB at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | VR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。